地域密着型金融の取組み状況(22年4月〜23年3月)

1.ライフサイクルに応じた取引先企業の支援強化


《取組方針》
地域金融機関としての特性を発揮し、地域情報ネットワークの活用と、継続的取引関係を通じ、取引先中小企業の創業から成長段階(ライフサイクル)に応じたきめ細かい支援を行うことで、地域の金融円滑化の役割を担っていく。

(1)創業、新事業への積極的な支援
創業、新分野進出に対しては、地域情報ネットワークを活かし、積極的に対応いたしました。
○新規参入・新分野進出への支援
平成22年度の実績...4件・23百万円

(2)事業及び企業の積極的な再生支援
○貸出条件の変更に積極的かつ柔軟な対応
中小企業金融円滑化対応として、取引先の資金繰り改善を目的として、積極的に対応いたしました。
平成22年度の実績...219件・2,720百万円
 
○鳥取県中小企業再生支援協議会の積極的な活用
22年度当金庫の取引先の再生支援協議会案件は1先であり、再生支援協議会からの改善計画書の提出によって、1先条件緩和を行いました。
○産・官・学・金との情報ネットワークを活用した、地域の取引企業への支援
  • 農商工連携による新産業の創出からの地域活性化、を目的とする「新産業共通基盤会議」に参加するとともに、鳥取大学産学・地域連携推進会議にも1名を登録し、積極的に情報交換を行っています。
  • 商工会議所が中心となって運営している産・官・学・金の会「中部元気クラブ」に当金庫役員が中心となって参加し、積極的に情報交換しています。
○再生支援先の経営改善指導
  • 平成22年度は経営支援先28先を定め、うち7先を重点先とし経営改善指導の取組を実施し、経営者とのヒアリングや、営業店長との計画の進捗状況の検討を行いました。
期初債務者数(除く正常先) うち経営改善支援取組み先数 経営改善支援取組み先の内訳 経営改善支援取組み率 ランクアップ率 再生計画策定率
うち期末に債務者区分がランクアップした先数 うち期末に債務者区分が変化しなかった先数 うち再生計画を策定した先
253 28 0 27 28 11.06% 0% 100%
 

2.事業価値を見極める融資手法をはじめ中小企業に適した資金供給手法の徹底


《取組方針》
定性情報を含めた地域での情報を活かし、取引先の事業価値を見極める、いわゆる「目利き力」を発揮することで、取引先中小企業に対して積極的に資金供給を行っていく。

(1)不動産担保、個人保証に過度に依存しない融資の推進
○スコアリング商品及び売掛債権担保融資の推進とABLの検討
  • ビジネスプライムローンスコアリング商品として、鳥取県信用保証協会、県下3金庫が連携し開発した、統一商品であるビジネスプライムローンを推進しました。
22年度新規取扱件数 4件・12百万円
  • また、売掛債権担保融資として、11件・90百万円を取り扱いました。
○シンジケートローンの組成と参加
  • シンジケートローンの組成、参加実績はありませんでした。
○目利き能力の向上
  • 22年6月19日を第1回とし平成23年4月まで計8回にわたり融資レベルアップ研修として、財務2級テキストを活用した研修を延べ83名を対象に実施しました。
  • 22年6月9日、融資レベルアップ研修として、講師に信用保証協会担当者を招き、保証協会との連携強化を目的とした研修を、各部店融資担当者20名を対象に実施しました。
  • 22年11月17日、融資レベルアップ研修として、講師に鳥取県中小企業再生支援協議会のマネージャーを招き、「中小企業再生支援の取組」についての研修を23名を対象に実施しました。
 

3.地域の情報集積を活用した持続可能な地域経済への貢献


《取組方針》
この地域のみが信用金庫の生きる地であり、金融の仲介は当然として、親睦、研修、情報交換、ボランティア等さまざまの面で中心的な役目を果たし、顧客・地域の活力作りに貢献することにより、地域に必要とされる金融機関でありたい。

(1)地域貢献に資するイベント、行事を開催と、地元行事への積極的な参加
  • 文化・芸術の発展と街の賑わい創出に向けて、地元新聞社が主催する著名人による写真、絵画等の展覧会の協賛を継続しています。22年度は10月2日〜11月5日にかけて開催された「3Dランド展」への協賛を行い、1万人の入場者が観光地を中心とする商店街にも流れ、地域活性化への貢献を行いました。
  • 地域の子供から高齢者までを対象として、年4回「くらしん囲碁大会」を開催しています。22年度も4、7、10、1月に開催し、毎回100人以上のファンが参加されました。特に、第80回の新春囲碁大会は120名の参加者で賑わいました。プロ棋士の指導碁等もあって新規の参加者は増加しています。
  • 毎年8月に行われる倉吉打吹まつりには、みつぼし踊りに50名の職員が参加しました。
  • 22年10月には、第12回となる「くらしん健康ウォーク」を開催し350人の参加者がありました。
  • 22年12月には、くらしんヤングコアが街頭歳末助け合い募金を実施するとともに福祉施設の清掃活動を行い、集まった募金は地元2市町の社会福祉協議会に寄付しました。また、地元の老人・福祉施設等3先へ新米を寄贈しました。

(2)ビジネスマッチングの推進
  • 22年3月に開催された第1回山陰ビジネスフェアーに、当金庫からの出展企業が10社あり、4社が8先と新規取引の商談が成立し、以降、38社と継続交渉しています。
  • 22年10月、大手ビジネスマッチィング企業の主催する東京ビジネスサミットにお取引先企業の食料品を出展していただき、全国の参加者とのマッチィングを図ったところ、多くの引き合いがありました。
  • 地域経済の活性化を図るため、地元企業での買物、発注を推奨する「地賛地商」をスローガンにした運動を展開し、PRポスター3,000枚を作成し、賛同する取引先企業、公共施設等に配布して大きな反響がありました。